エンジェル伝説の漫画

「エンジェル伝説」という漫画が面白いです。

この漫画はいわゆる勘違い物にヤンキー物を混ぜたものなのですが、この漫画は普通のヤンキー物とは違います。

どこが違うのかといいますと、非常にエキセントリックなのです。

この漫画の主人公北野誠一郎は、顔がとんでもない悪人顔です。

どれくらいとんでもないかといわれると、作中のキャラクターから悪魔、ヤク中と言われるような顔なのです。

しかも興奮すると奇声をあげます。

なので主人公の通っている高校の生徒は、皆彼を見ると震え上がってしまいます。

しかしこの北野くん、顔は悪魔ですが心は仏です。

いつも慈愛に満ちたことを考えています。

けれど周囲の人はそんな北野くんを見て、恐怖するわけです。

その勘違いぶりがこの漫画の面白いところなのです。

それ以外にも、北野くんを見たときのヤンキーや先生の顔、これが実に笑えます。

まさにこの世の終わりを見たかのような顔をするのですから。
本当に爆笑ものです。

狼陛下の花嫁 陛下にキュンキュンして止まらない!

狼陛下の花嫁。

下級役人の娘、汀夕鈴が割のいいバイトがあると言われて王宮に行くと、冷酷非情な狼陛下、珀黎翔の花嫁を演じるというバイトでした。

寵愛を示すために演技をしていると信じる夕鈴に、狼陛下が囁く言葉や仕草にキュンキュンしてしまいます。

お互いが好意を持っているのに身分の差があるからと打ち明けられず、演技に織り交ぜながら本音を言っている場面は切なくもあります。

対立している大臣達の息子、柳方淵と氾水月は初めはお互いを相入れないと思っていましたが、夕鈴と関わっていく中でお互いを少しずつ認め合い、夕鈴と陛下のために協力し春の宴を成功させたり、陛下の敵、闇の商人を捕まえるために奔走したりします。

側近の李順は姑のように夕鈴を扱ったり、後宮管理人の張元は夕鈴に世継ぎを産ませようと画策したりと周りのキャラも個性豊かな人たちばかりで面白いです。

紆余曲折あって、陛下と夕鈴は両思いになり、本物の妃となるところで第一部が終わりました。

続きの新婚編が今から楽しみです。

最近、続編が出たねむのやの濡れ透けJKシリーズは男子に人気のようです。濡れ透けJ○雨宿りレイプに出てくる巨乳女子校生みたいな子にそそられるんですね。

Spread Happinessの漫画 あの娘の体は抱き枕 とろハメ生人形

抱き枕が女の子に変身!?

Spread Happinessのスマホエロ漫画「あの娘の体は抱き枕~僕専用!とろハメ生人形~」

女の子の姿に変身する魔法の抱き枕を手に入れた主人公が自分を振った女の子の姿の抱き枕人形を相手に童貞卒業してSEXしまくる内容。エッチでシチュエーションが面白い作品です。

ある日、魔法の抱き枕を手に入れた主人公。

その抱き枕のネームタグに名前を書き入れると女の子の姿になって、その女の子の抱き心地が堪能できると言うのだ。試しに振られてしまった女子の名前をネームタグに記入して眠りに就く。

夜中に目を覚ますと、抱き枕が自分を振った女の子の姿に変わっていた!?彼女に触れてみると、本物のような柔らかな感触がする。

興奮してきて、そのまま正常位で生ハメセックスして童貞を卒業。それ以来、女の子に変身した抱き枕相手にSEXしまくっていた。

すると、相手の方から体を求めるようになり・・・。

サドヶ島
サドヶ島は、愛川あんの長編エロ漫画。

サドヶ島と呼ばれる、穴場スポットに観光に来た人妻のかほりがその島の男達に襲われレイプされてしまう。

昔、流刑地になっていたこの島では、女達が男に強姦されていたと言う伝説があり…。

オレの子ですか? ハートフルな子育て漫画

オレの子ですか?は、くりた陸のヒューマンドラマ系少女コミックです。
あなたの子です、と突然玄関に赤ちゃんを放置されて子育てをする大学生潤の成長が面白いです。
最初は子供なんて嫌いだったのに、スミレを育てていく内に父親らしくなっていく所が感動します。

スミレちゃんの可愛らしさが魅力的な作品ですが、イケメンな潤がイクメンになっていく所がお気に入りです。

最初は女性にだらしない潤のこと、最悪な男だなと思っていました。
子供も嫌いで、煙草も吸うし、理想の父親とは程遠いなと思っていました。
でもスミレの為に必死に子育てに奮闘する姿に感動します。

人間ってこんなに変われるんだなと思いました。
ねむのやの濡れ透けJK雨宿りレイプみたいな体験をすると人生観が変わるかもしれません。

スミレちゃんがとにかく可愛くて、読んでいるだけで癒されます。
同じ保育園のお友達が病気で亡くなる等ショッキングなこともありますが、現実的にあり得ることなんだと考えさせられました。
お子さんがいらっしゃって子育て中の方も、お子さんがいらっしゃらない方も夢中になれること間違いなしです。

とてもハートフルな作品です。

うしおととらは少年漫画の王道

藤田和日郎のうしおととら。

現在、テレビアニメも放送していますが、少年漫画の王道と言えば、真っ先に思い浮かぶ作品がうしとらです。

主人公の潮と妖怪のとらのコンビがすごく信頼し合ってる感じがしてすごくいい。

うしおのセリフは熱くてかっこいいし、とらはツンデレで可愛いしw

このコンビの活躍を見ているとワクワクします。

うしおは色んな女の子にモテるけど、彼の気持ちはヒロインの麻子一筋って所も好感持てます。

最近のハーレム漫画とは違って筋が通ってて良いですね。

うしおととらは、だんだんストーリーが盛り上がっていって、クライマックスの白面の者との決戦の盛り上がり方は本当に凄い!

長期連載の漫画は、最初すごく面白くても最後がグダグダで終わる作品も結構ありますが、うしとらは本当に綺麗に物語りが収束していきます。

今まで出会った人達が最後にどんどん登場していく所も胸が熱くなりますね。

ヒョウさんの最期は、涙なくしては読めません。

アニメの方は、原作者の藤田さんが最終回までやって欲しいって要望出して、かなり駆け足でストーリーが進んでいるのがもったいないです。

原作を読んでないアニメ視聴者は、ぜひコミックスも読んでみて下さい。

漫画でしか味わえない熱さが伝わってくると思います。