可愛いのにちょっぴり怖い漫画「黒~kuro~ソウマトウ」

黒い化物と呼ばれる怪物に囲まれた町、大きな家で一人暮らしをしている主人公「ココ」と黒猫の「クロ」。

とても無邪気で可愛らしいココと、どこか普通ではないクロの心温まるエピソードに癒されます。
クロは本当にただの黒猫なのでしょうか。
明らかに素性が怪しいクロですが、日々訪れる危険から健気にココを守ります。
しかし、読み進むにつれてどんどん雲行きが怪しくなっていきます。

黒い色を吸収するクロ。
そして、キレイな黒髪がだんだん白くなっていくココ。
これもやっぱりクロのせいなのか?ココとクロは一体どうなってしまうのか…?
絵柄がすごく可愛い上に丁寧に描かれているのがわかるくらい1コマ1コマが綺麗です。
元々Web漫画でネット上でも読めるのですが、単行本が出たということで迷わず購入しました。

可愛いのに、不思議で悲しくて優しいお話です。
もっと読者が増えて有名になると嬉しいのですが、ひっそりとファンだけが独り占めしているのも悪くないと思える、そんな特別な漫画です。

JKのネトラレエロを描いた、アイスピック 漫画「夏のオトシゴ」も、巨乳ヒロインがエロ可愛くて、恋人がいる少女がチャラ男に寝取られるストーリー展開も良くて、特別に好きな同人誌です。