長大で膨大な設定が魅力の「ファイブスター物語」

物語の基本的な舞台は地球よりも高度な科学文明が発達したジョーカー宇宙です。

そこに存在する複数の太陽系の惑星に存在する国家がそれらに属する騎士、ヘッドライナーとも呼ばれる戦闘能力に特化した戦争代理人を使って戦っていくのですが、戦闘には全長15メートル前後の中世騎士の鎧をモチーフにもしたようなロボットを使用、騎士たちはパイロットとしての役割を果たしているのです。

さらにそのロボットを操縦するには彼らともう一人の人口生命体が必要で、妖精のように美しい姿が特徴となっているのです。

社会的に大変なステータス、地位を得ているのですが、しかし戦闘での致死率も高いといった残酷な運命を背負った彼らの活躍、悲劇がふんだんに盛り込まれた大変長大なストーリーで、一応主人公は存在するのですが、あらゆる国家のあらゆる人物たちをクローズアップした漫画でもありますから、飽きることなく楽しめるのです。

魅力は何といっても登場キャラクターやロボットの数で、あまりにも膨大、例えるならガンダムシリーズの全キャラクター、モビルスーツ、戦艦といったものをすべて一人で手掛けているかのような量なのです。

またデザイン性も非常に個性的で、ロボットは間違いなく日本屈指のデザインワークですし、さらに女性キャラクターの魅力がかなり特殊なのです。

通常、とかく男性デザイナーの手がける女性キャラクターというのは性的なラインを強調したものが多いのですが、この作品ではそのようなキャラクターはほとんど存在せず、女性デザイナーが描いたような線の細さや可愛らしさが特徴で、女性の支持も大変厚く、女性コスプレイヤーにも人気のキャラクターを多数生み出しているのです。

現在も連載中の漫画なのですが、実は最近大幅に設定を変更したことでも有名で、この作者のこだわりようには脱帽する他ありません。

謎の人魚と少年のおねショタエロマンガ、妖怪ウェッチも設定が面白くてエロエロで良かったです。

妖怪ウェッチ 人魚の無料立ち読みエロ漫画(オレンジピールズ)

巨乳人魚の姿もエロいのですが、その人魚が卵を産むために少年を犯してしまうんです。そのシーンがかなり衝撃的で、ショタ好きにはたまらない展開でした。