マンガ「ドリフターズ」が今きてる!

「ドリフターズ」とは作者、平野耕太によるファンタジーアクションバトル漫画で、今期ではアニメ化もされた私的最注目の作品です。

主人公、島津豊久を始めとした那須与一、織田信長など、史実ではその生死が曖昧な歴史の有名人物が異世界に飛ばされ、ドリフターズ(漂流者)として、人類の滅亡を望む、史実では世間に迫害され未練のうちに亡くなった(と作者が解釈した)人たち、エンズ(廃棄物)と戦うという物語です。

エルフやドワーフといったファンタジーならではのキャラクターたちと生きた時代も考え方も違うドリフターズが異世界を救うべく戦うさまは圧巻の一言。

平野先生の描くキャラクターはどれも迫力満点で、それでいて程よくギャグも挟んでくるので読んでいてとても楽しい作品となっています。

ファンタジーが好き、歴史が好き、バトルが好き、どんなジャンルが好きな方でも楽しめるのも特徴の一つ。

是非とも多くの人に読んでほしい作品です。

その他、今きてるエロ同人誌がアイスピックの夏のオトシゴです。

清純系の巨乳JKの一ノ瀬さんが、チャラ男なクラスメイトに寝取られる話で、女の子の心理描写やネトラレエロシーンが丁寧でハイクオリティな作品です。

http://allkindsofwhoopie.com/

おまけストーリーが楽しい「クレヨンしんちゃん」

テレビアニメや映画で大人気の青年漫画「クレヨンしんちゃん」。

テレビアニメでは、長編アニメが多いですが、漫画では、短いものも多くあります。

その中でも、おまけな感じで作られた作品が面白く感じます。

例えば、「もしもしんちゃんが小学生だったら」シリーズは、楽しめます。

風間くんは、別の私立の学校に行ってしまっているらしく、少し寂しい気もしますが、それでも小学1年生のしんちゃんのマイペースぶりは変わらず、先生を困らせているところが、ちょっとハラハラしながらも微笑ましく思えます。

また、おまけマンガとして、ひまわりちゃんの日々の可愛い姿が盛りだくさん。

ひまわりちゃんが、大きくなった回もありました。

もちろん、テレビでやっている「クレしん・外伝」も楽しいです。

困った時にマラカスを振ると出てくる「ぶりぶりざえもん」は、あまり働かず、お金ばかり請求する困ったちゃんだけれど、とっても憎めないキャラで、たまに出てこなさすぎると、寂しくなります。

また、「クレしんわりとむずかしクイズ~」は、ホントに、ちゃんと読んでないと難しい!しんちゃんのお友達のネネちゃんが宝塚が好きなことは知ってましたが、園長先生もファンだったとは・・・と、クイズをしながら思い出してみたり、1冊の漫画の中にも、いろいろ工夫がされていて、とても読み応えがあります。

あと、ホラー漫画とエロい漫画も好きなんですが、この前八尺八話快樂巡り 漫画の無料立ち読みしてみた作品がエロくて面白かったです。

2chのオカルトネタをエロにした内容で、エログロな感じに興奮しました。

少年漫画 僕のヒーローアカデミアが熱い!

アニメ化される前に本屋で見本の第一話読み切りを読んでみたのですが、その絵柄と世界観、主人公の性格すべてに一瞬で魅了されました。

世界の人々の約八割が特異体質”個性”を持っている世界で、公的職務となった”ヒーロー”に憧れる主人公。

でもその主人公は特異体質の無いいわゆる”無個性”で、みんなからもヒーローになることなんて無理だと言われ無個性であることを馬鹿にされてきた主人公が憧れの人と出会い最高のヒーローになるまでの物語です。

小心者で非力の主人公ですが、怖くて仕方がないはずなのに怪物に襲われている人を見ると考えるより先に体が動いてしまう心は誰よりも”ヒーロー”なところと、普段からヒーローを観察していて身についた鋭い洞察力と判断力であらゆる場面を切り抜けていく様は見ていて爽快で引き付けられます。

また、個性も様々でパッとした派手な個性から、使い勝手が難しそうな地味な個性と色々あって、それをどう使うのかなどを見るのも楽しいです。

心にグッとくるようなセリフも沢山で読んでいて飽きません。

読んでいて飽きないと言えば、TL漫画も好きですね。

女性向けのエロ漫画になりますが、近親相姦とか禁断の愛とか恋とか、ちょっとイケナイ関係を描いた作品が特に好きです。

その中でも黒澤Rさんの相姦の赤い河岸は、肉体関係を持ってしまった叔父と姪の関係がどうなっていくのか目が離せません。
相姦の赤い河岸 漫画|黒澤R無料立ち読みTL漫画♪叔父姪禁断の恋

これからの展開がますます気になる進撃の巨人

友人に勧められて試し読みをしたのをきっかけに一気に購入を決めたのが進撃の巨人です。
人気があるのは知っていましたが、こんなに面白いマンガだとは思わずどうしてもっと早く購入しなかったのかと今は後悔しています。
最初から驚きの連続で、自分が想像するものをいつも裏切られてばかりでした。

特に巨人の正体が分かったときは漫画を読みながら声をあげてしまったほどで、それを知っていた主人からは笑われてしまいました。
毎回単行本の背表紙にはいなくなってしまった戦友が一人ひとり姿を消していくのでそれを見ないで新しい巻を手に取ることもすごく苦労しました。

中盤からリヴァイ兵長という最強の魅力的なキャラクターも登場しますます面白くなってきています。
私が見た一番新しい話では主人公の父親が隠していた謎が解き明かされ今までの世界がひっくり返るような事実がわかってしまいました。
これからこの話はどんな風に進んでいくんだろうとものすごく気になっているので気を長くしてこれからも最新話を待ちたいと思います。

また、別の友人に勧められた、エロ同人誌の夏のオトシゴも良かったです。
あまり寝取られ漫画って読んだことなかったんですが、初々しい恋人同士だったのに、他の男に彼女が寝取られセックスされるシーンが背徳的でドキドキしました。

ヒロインが巨乳で体つきがエロい所や羞恥に耐える表情など、描写が繊細で良かったです。
http://夏のオトシゴ漫画.xyz/